私の大好きな本の数々をつれづれに紹介します。

「宮崎駿の平和論」秋元大輔

2021年5月18日

1980年代、私は18歳から28歳まで大阪の学生寮やアパートで1人暮らしをしており、TVもほとんど視る時間が取れませんでした。目まぐるしい多忙な毎日で、唯一の息抜きは古典やミステリー、歴史小説やスポーツ雑誌、漫画など幅広いジャンルの読書でした。お金も時間も無いので、当然、映画館にも行けません。宮崎駿のジブリアニメに出会ったのは、結婚して子どもが出来てからだったのです。いやあ、リアルタイムで楽しみたかったなぁ・・・。

その反動からか、30を超えたおっさんになってから、時間を作ってアニメを片っ端から視ました。「ドレミちゃん」や「プリキュア」など、子どもたちの成長に合わせて進化していきましたが、中でもジブリの名作は子どもよりも熱心に繰り返し鑑賞しました。そりゃあもう、セリフを暗記するくらいでした。子どもたちも呆れていましたです。

『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』などなど、今でも各作品を語らせたら朝まで終わらないくらいです。その後は、新作が公開されたら仕事帰りに映画館(レイトショーですけど)にこっそり行ったりもしました。いわゆる「隠れジブリファン」と自称しても差し支えありません。その私が偶然書店で手に取って、パラパラとページをめくるや否や、ガーンと衝撃を受け、無意識に購入したのが本書『宮崎駿の平和論』です。

著者は、1980年生まれの気鋭の平和学者で、現在は米テンプル大学ジャパンキャンパス現代アジア研究所の客員研究員と、スウェーデン安全保障開発政策研究所 (ISDP) ストックホルム日本センター客員研究員を兼ね、ジブリアニメを教材にして大学の講義を行なっている異色の存在。現在10作の著作のうち海外で8作を出版しているとのことで、日本語版2冊のうち本作は小学館新書から2014年に刊行されました。

まず『風の谷のナウシカ』では、東西冷戦時代の核の脅威が背景にあると考察。「巨神兵」=核兵器、「火の7日間」=核戦争、「軍事国家トルメキア」=核保有国、「腐海」=核の冬、と分析しており、ナウシカが王蟲の幼虫を救うために身を投げて酸の海に浸かった場面で衣服がピンクからブルーに変色することで博愛主義と自己犠牲をシンボライズし、瀕死のナウシカが王蟲の金色の触手で蘇生するコントラストを描いていると論じています。自然環境と人間を結ぶエコロジーの思想は慈悲による暴力の克服につながるとの指摘は極めて重いと実感します。

また『天空の城ラピュタ』では、強大な威力を轟かせる「ラピュタの雷」を核の恐怖で人類をひれ伏させる軍事侵攻の象徴と位置づけ、純粋な少年少女が武器を突きつけられた究極の危機で、手と手を組んで「バルス!」と叫ぶと凄まじい閃光が野望と復讐に身を焦がした軍事力の体現者ムスカの眼を直撃するクライマックスを、「目には目をの暴力の連鎖は全世界を盲目にする」とのガンジーの言葉で解説しています。ちなみに、有名な「バルス」はトルコ語で「平和」という意味らしいです。

そして『紅の豚』では、空軍のエースパイロットだった主人公が豚になった理由を考察します。それは「利己主義」「軍国主義」「無政府主義」を嫌悪し、憎悪と恐怖の連鎖が覆いつくす時代の束縛から解放されるためと分析するのです。「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」というポルコの名言は、豚として飛び続けるが決して「殺さない」ことに拘ってアドリア海の平和を守る文字通りの「ソフトパワー」を表現していると説いています。

作者のもう1冊の日本語書籍は、『地球平和の政治学』(2014:レグルス文庫)という平和学の学術書です。(写真右) これは西シドニー大学の博士論文をスイスの「東アジアの世界」シリーズとして刊行されたものの母国翻訳版と言う、かつて例をみないグローバルな研究成果であり、混迷を深める世界情勢の中で日本がいかにして平和に貢献出来うるかを追求した内容です。これも「おすすめ」です。ご関心ある方はぜひお読みください!

 

おすすめ読書アーカイブ

最近の記事5件
今回はエンターテインメントがテーマ。京都市活性化の重要なアイテムの1つである「文化芸術」「コンテンツ産業」の振興に貢献するべく、京都市会唯一の“芸大出身議員”として奮闘している私・吉田たかおが、テレビドラマの原作漫画とシナリオを、大まじめに紹介させていただきます。おすすめです。> 続きを読む
おかげさまで2007年4月に京都市会議員に当選させていただいて、今年で丸10年。毎日が多忙で、なかなか自己研鑽の時間がとれませんが、焦りにも似た危機感を抱いて貪欲に学んでいます。ネットでの検索も重要ですが、私は極力本屋さんに足を運んでインクの匂いを嗅ぎながら、お目当ての書籍を探す日を作る努力をしています。> 続きを読む
この「おすすめ読書」のページが1年以上更新できず申し訳ありません。フェイズブックやツイッターなどのSNSを始め、情報発信作業の手がとられてしまったのが理由です。でも、1年たってようやく慣れてきました。これからは、公式ホームページやブログも随時ガンバっていこうと思っています。> 続きを読む
2012年の元旦に放映されたNHKの『新世代が解く! ニッポンのジレンマ』という番組に衝撃を受け、その内容をまとめた書籍を購入して以降、瀧本哲史、坂口恭平、古市憲寿、宇野常寛といった若手論客に注目し、彼らの著作を買い込んでいます。> 続きを読む
今回は珍しく、テレビドラマのシナリオ本を紹介します。
1月から3月まで毎週土曜日夜9時に放映されたドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系)をご覧になりましたか?> 続きを読む