内容別の実績

写真あり:このマークのある実績は、クリックで写真が表示されます。)

I. 議会質問が成就

議会改革に先駆

25年5月議会で議員提案政策条例「京都市交通安全基本条例」を共同提案し、全会一致で可決成立。22年制定の「自転車安心安全条例」に続き、政策立案を主導。NEW
市会改革推進委員会の一員として、「議会基本条例」制定に向け議論中。公開説明会でも登壇し、市民と直接意見交換。NEW

 

子育て支援と教育の充実

学校トイレ洋式化を推進。NEW
ひきこもり地域支援センター設置。NEW
ひとり親家庭支援センター条例を制定。ひとり親医療費支援を一定の所得に満たない父子家庭にも拡充。NEW
教員が子どもに向き合う時間を確保するため、最新のIT技術を駆使した「クラウドコンピューティング方式」を導入。
3人乗り自転車レンタル事業が、2010年10月より本格スタート。
小児性髄膜炎予防ワクチン(ヒブ・肺炎球菌)接種の公費助成で、自己負担ゼロが実現。
ネットいじめの温床である学校裏サイトを探索するシステムを、全国に先駆けて正式に導入。写真あり
妊婦健診の公費負担を拡充。(19年度1回→20年度5回→21年度14回)
市内各所にあるちびっこ広場について、遊具の安全強化に向けた点検作業定例化が正式に決定。
不登校児童へのケアをおこなう施設「ふれあいの杜」を1ヶ所から5ヶ所に拡充。

 

歩いて楽しいまちなか戦略の推進

パークアンドライドの広報周知を強化するホームページの充実。
地下鉄市役所前駅に市立図書館で借りた書籍の専用返却ポストを設置。
地下鉄四条駅リニューアルで駅ナカビジネス拡充。
地下鉄売店に通勤客のニーズを反映した商品を導入。
駅ナカビジネス充実のためマーケティングを強化。
烏丸線今出川駅近辺の駐輪場に助成することが決定。
  ・・・・・など 代表質問写真ありや委員会質疑でおこなった提言が実現

 

源氏物語千年紀事業

国際シンポジウムの開催。
子どもが親しむ源氏ものがたり紙芝居定期上演。
マンガで観る源氏物語展開催。(マンガミュージアムとタイアップ)写真あり
在野研究家に発表の場を提供。(府庁にて開催)
記念式典に学生招待枠を設置。(多くの若い世代が参加)

 

くらしと環境、地球温暖化対策

京都の太陽光発電機器導入助成制度が充実。2009年4月から始まる助成は全国トップクラスです。屋上緑化などのヒートアイランド対策も本格スタート。
車で入洛する観光客を公共交通機関に誘導する「パークアンドライド」の通年実施が本格スタート。
区役所に来られた方を親切に案内する「コンシュルジュ」を設置。
携帯電話機器リサイクル推進への広報を推進。(市民しんぶん『ごみ減量事典』に掲載) 回収ボックスを設置し本格キャンペーンが開始。

 

市政の情報公開と市民参加

京都市公式ホームページに、市民から寄せられた声と回答を公開する試みがスタート。
京都市歴史資料館のインターネット広報と映像ソフトの充実。
上京街かどセミナーを開催し、行政の担当者をまねいて「地球温暖化対策」「ごみ減量・リサイクル」のテーマで広報広聴を実施しました。

 

II. 地域を歩いて要望を実現

堀川通りよりも西の地域

仁和学区の丸太町御前を北上する時に、上ノ下立売通りから一方通行になることを、気付かないまま逆行する車が多いとの声を届けたところ、手前の目立つところにわかりやすい 標識が新設写真ありされました。
千本丸太町バス停に、最新設備 バスロケーションシステム写真ありを設置。
猪熊竹屋町 西側の歩道写真ありがひび割れ、デコボコであったのを修復。
千本中立売交差点に 危険防止フェンス写真ありを設置しました。
智恵光院丸太町バス停に、待望のベンチが設置されました。
翔鸞学区・出水学区などの 道路の補修写真ありや下水問題の解消を実現。

 

堀川通りよりも東の地域

寺町通りの 鞍馬口~今出川間の補修工事写真ありが完了。きれいな道路に生まれ変わりました。
新町通りが上立売から分岐してわかりにくいので、手前に 告知看板写真ありを設置しました。
堀川上立売交差点東側の 歩道を補修写真あり。点字ブロックも修理しました。
小川ちびっこひろばの滑り台で転落事故が多いとのことで、 防止用の枠写真ありを取り付けました。
小川学区の不在家屋が老朽した問題が根本的に解決できました。
中立・滋野・小川・室町学区の街灯問題が解決。