京都市会を分かりやすく皆様にお伝えします。

2020年2月度文化環境委員会

2020年2月4日

2月4日10時から京都市会第1会議室で文化環境委員会が、湯浅光彦委員長(右京区)のもと開催されました。超激戦の京都市長選挙終了後ほやほやの委員会。「お疲れ様でした」と声を掛け合う和やかな雰囲気で始まりました。

文化市民局から、職員不祥事のお詫びと説明がありました。美術館職員が道路交通法違反の容疑で逮捕されたとのこと。午前4時までの勤務が続いたことを考慮することは当然ですが、無免許運転を繰り返した遵法意識の欠如は問題です。

8人の委員から様々な角度での再発防止等の議論が交わされました。禁止されているマイカー通勤が当然のようにまかり通っていた現状と、それを幹部が認識していなかった事実に驚きです。庁内のコンプライアンス再徹底を望みたいです。

次に「動物園構想」にかかわる市民意見募集(パブリックコメント)についての報告があり、現在の「共汗でつくる動物園構想」策定後10年を迎え、新たに「いのちかがやく京都市動物園構想2020~いのちをつなぎ、いのちがかがやく動物園になるために」の案を取りまとめ、パブリックコメントを募集したものです。

11月から12月までにかけて196人から300件を超えるご意見が寄せていただき、それらを受けて私ともう1人の委員が質疑を展開。私は、「来てよかったと思える創意工夫」「動物がすみやすい環境」「飼育員の重労働への視点」を取り上げて、動物園の発展への取り組みを論じました。

午後からの環境政策局は一般質問のみ。「自然エネルギー電源」「土砂条例」「産廃処理」が取り上げられましたが、私は「脱炭素循環型社会」について質疑。昨年5月のIPCC総会で門川市長が、京都市が2050年CO2排出正味ゼロを達成すると表明したことを受け、実現への取り組み状況と今後の必達への決意を問いました。

激しい市長選挙の直後の委員会ではありましたが、居眠りする委員は1人もなく、熱心な議論が展開されました。選挙中はある意味敵と味方に分かれて政策論争を繰り広げた同士でしたが、ラグビーのノーサイドの精神で健闘を称えあい、お互いを尊重しあって京都市活性化のために切磋琢磨していくことが大事と痛感しています。

2月中旬からは、補正予算や来年度予算を審査する集中審議が始まります。市民の皆さんからお預かりした大切な税金の使い道を議論する重要な議会です。気合を入れて頑張っていこうと決意しています。(^^)/

 

お市会だよりアーカイブ

最近の記事5件
1月

1月14日10時から京都市会第1会議室で文化環境委員会が開かれ、湯浅光彦委員長(右京区)のもと活発な議論が展開されました。> 続きを読む

12月

12月24日10時から京都市会第1会議室で文化環境委員会が開かれました。世間ではクリスマスイブでにぎわっていますが、私たち議員は市民から選ばれた責任ある立場ですので、その使命の重さを自覚して、朝から夜まで缶詰状態で活発な議論を展開しました。> 続きを読む

11月29日10時より、京都市会本会議が開かれました。11月市会は12月13日までの15日間の短期決戦の集中審議。子どもたちの交通安全対策や、米国やEUへの牛肉の輸出認定取得に向けた中央食肉市場の設備導入などの補正予算案と、客引き条例改正案など重要な議案を徹底して議論しました。> 続きを読む

11月

11月19日10時から京都市会第1会議室で文化環境委員会が開かれました。めっきり秋らしくなりましたが、湯浅光彦委員長(右京区)のもと活発な議論が展開されました。> 続きを読む

10月

9月20日から決算や補正予算案などを審査する9月市会「決算市会」がスタートしました。10月30日までとの1ヶ月以上もの長丁場ですが、市民の皆さんからお預かりした大切な税金の使い道をシビアに検証し、京都活性化に活かす議論を重ねるきわめて重要な議会です。> 続きを読む