吉田たかお演説集

正副議長・年頭訓示

令和4年(2022年)1月4日
京都市会本会議場

※新しい年が明けました。2022年の仕事始め(御用始め)に当たって、議長と共に市会事務局職員への訓示を遂行。未曽有の国難とも言うべきコロナ禍の真っ只中で、民意を背景とした「議会の運営」という重大な使命を担って奮闘する市会事務局への感謝を込めて挨拶しました。

【年頭に当たって】

 新年あけましておめでとうございます。昨年(2021年)の5月に副議長に就任させていただいて以来、市会事務局の皆様におかれましては、ひとかたならないご尽力を賜ってお支えいただいたことに、心より敬意を表するとともに感謝申し上げます。

 本年(2022年)は、コロナ禍からの克服と日本経済が再起動するスタートの年です。この難局を乗り越えるために、多くの市民の皆様も気持ちを新たにしておられることと思います。

 この時にあたって大切な事は、全知全能を傾けて、あらゆる可能性をフル動員する中で、「必ず乗り越えてみせる」との強い決意で、丁寧に着実に前進を続けていくことであると確信しています。

 いくら頭が良くても、できない理由を理路整然と論証するだけでは何も前には進みません。百万言の言葉を飾って言い訳するのではなくして、不可能を可能にしていくために何ができるのか、この1点で「全集中」して、力を合わせて進めていくことが大事ではないでしょうか。

【心に潤いを!】

 また、今は京都市財政が極めて厳しい局面に立っており、多くの市民の皆様にご理解していただいて、ご協力を求めないといけない時です。だからこそ、現下の殺伐とした世相の中で、どうしても気持ちがささくれ立ってしまう場面が多くなってしまうと思いますが、それに翻弄されるのではなく、心に潤いを持っていくこと、そして多くの人たちと力を合わせ支え合っていくこと、この2つが求められていると思うのでございます。

 事務局の皆様方におかれましても、様々な局面で大変な思いを余儀なくされる時もあるかもわかりません。しかしながら、ぜひ心に潤いを忘れず、全体観に立って乗り越えていただきたいと心から願っております。

 京都市会におきましても、様々な政党会派がそれぞれの主義主張・イデオロギーのもと議論を重ねていますが、その中で見失ってはならない事は、どこまでも「京都市を良くしていこう」また「京都市の未来のために全力で頑張っていこう」という思いは共通していると確信することであり、その合意形成のために、私自身、田中議長をお支えし、陰に徹してまいりたいと覚悟しております。

 そして、それこそが「二元代表制」として市会の使命を果たしていくことに直結するとの思いで頑張ってまいります。どうかこの1年、特に前半戦は「茨の道」が続くかもしれませんが、輝かしい未来を目指して気持ちを一新し、爽やかに前進したいと思いますので、どうかよろしくお願いをいたします

 2022年のスタートにあたって、僭越ではありますが、真心を込めてお願いを申し上げました。お体に気を付けて、励まし合って、頑張っていきましょう! 以上でございます。ありがとうございました。

(1月は補正予算を審議する議会が臨時で開催されます。2月から3月にかけては、来年度予算が議論され、行財政改革の具体的な政策が俎上に上がります。極めて重大な時に居合わせる喜びと共に、職責の重さを自覚して幅広い目線で頑張ってまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします!)

 

吉田たかお演説集アーカイブ

最近の記事5件
令和3年(2021年)5月~8月 オンラインとリアルのハイブリッドで随時開催
※世界的パンデミックとなった新型コロナとの戦い。感染拡大防止対策と経済・社会活動再起動に加え、京都市財政危機の克服という重大な課題に直面する中、公明党が着実な実績と未来を志向したビジョンで「日本再生」をリードしていることを、オンラインとリアルのハイブリッド形式の市政報告&政治学習会で語っています。これら複数の講演をダイジェストで採録します。> 続きを読む
令和3年(2021年)5月20日 京都市会本会議場
※歴史と伝統ある京都市会の第95代副議長に就任しました。自民党・民主市民フォーラム・京都党・日本維新の会の4会派と無所属議員のご推挙を受け、共産党の候補者を上回ることができ、本当に良かったです。新型コロナ対策と行財政改革の極めて重要な局面に立つ今、市民の生命と暮らしを守るため、誠実に謙虚に尽力する決意を披歴しました。> 続きを読む
令和2年(2020年)6月2日 京都市会本会議場
※未曽有の被害に直撃された東日本大震災から10年。「人間の復興」を目指して防災減殺の政策を力強く推進する決意を表明するとともに、新型コロナのパンデミック終息に大きな力を発揮するワクチン接種事業や京都市財政危機克服に尽力する熱い思いを訴えました。> 続きを読む
令和3年(2021年)3月11日 京阪桃山南口駅前ほか
※国難ともいうべき新型コロナウィルスの猛威により、市民生活や経済状況が極めて厳しい局面で推移しています。京都市として矢継ぎ早に対策を打ち、2月から10月までに5次にわたる補正予算案を提出。。> 続きを読む
令和2年(2020年)2月15日 京都東急ホテル
※2月2日の京都市長選挙は、京都市の未来が決まる重要な選挙。スタートで出遅れ、ポピュリズムに巻き込まれる大混乱の激戦でしたが、現職の門川大作市長が大勝利を勝ち取ることが出来ました。京都市会議員団を代表して「活動報告」を行ないました。> 続きを読む