吉田たかお演説集

市会議員選挙戦最終日の街頭演説

平成31年(2019年)4月6日 パセオダイゴロー前

※伏見区に移って2期目、通算4期目の選挙戦は少数激戦の大接戦となり、最後まで予断を許さない緊急事態でした。多くの党員・支持者の皆様の大声援を受け、最終日の土曜日に乾坤一擲の街頭演説会を敢行しました。

【はじめに】

 ダイゴロー前にお集まりの皆様、こんばんは! 本日は土曜日の夕方、お忙しい時間にもかかわらず、このようにたくさんお集まり頂きまして、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 また、お買い物中の皆様、ドライバーの皆様、そしてご自宅の中でテレビを見ておられる皆様、どうか、明日の市会議員選挙、今日が最後の最後でございます。私吉田たかおの訴えに、ぜひ耳を傾けて頂きたいと存じます。

【市会議員選挙の意義】

 明日の市会議員選挙は、これからの京都の未来にとって、大事な大事な意味を持つ選挙でございます。

 かつてない物凄いスピードで高齢化が進んでいます。今まで、社会保障の制度は20人の現役世代が1人の高齢者の方を支える計算で成り立っていました。ところが今は2人で1人を支えています。もう5年10年たつと、もっと大変なことになるわけでございます。

 今の子どもたちや赤ちゃんが大人になる頃には、給料の半分が天引きされるかもしれない、そういう深刻な状況になっています。今から何とか手を打たなければ、とんでもないことになってしまうのです。

 しかし、今の政治は、今さえ良かったらいい、自分さえ良かったらいいという私利私欲の議員が、不毛な権力争いに明け暮れています。国会のテレビ中継をみても喧嘩ばかり。足の引っ張り合いです。そんなことが続いて本当に良いのでしょうか。(良くない!との声あり)ありがとうございます。(笑い)

 公明党は、国会では自民党と連立政権を組んでいます。野党はそれに対して反対のための反対を繰り返しています。しかし、政治とは、どこと組むとか離れるとか、駆け引きするとかしないとか、そんな上っ面の薄汚いものではなく、庶民の暮らしのためにある。そのために政治家は汗を流さなければなりません。

 それを本当の意味でやっているのは誰なのか。京都の未来のため貢献しているのは誰なのか。伏見区の市民のために苦労して役に立っていく人を選ぶのが、明日の選挙であるわけでございます(そのとおり!との声あり)

【地域に密着した実績】

 私吉田たかおは、この4年間、ありがたいことに多くの皆様からご信頼ご期待を頂戴し、のべ6千件の市民相談を寄せて頂くことができました。本当にありがとうございます。その中でコツコツと、様々なお声を膝づめでお聞きし、小さな声を大事にして、1つ1つ実現することができました。

 醍醐地域では、山科まち美化事務所から収集車が来ているので、どうしても伏見区が後回しになって、燃やすごみ・生ごみの収集が2時3時まで来ない地域が大変たくさんありました。夏は異臭がして多くの方が困っておられました。

 これを何とかしていきたいとの思いで、数年ごしで行政と渡り合いました。最後は環境局長に直談判。直接答弁を引き出して、28年度より醍醐地域の家庭用生ごみ・燃やすごみの「午前中完全収集」が実現することができたのでございます。(ありがとう!との声あり)

 また、外環状線が渋滞する大きな理由の1つが、観月橋交差点の右折ができにくいという問題がありました。事故も多かった。これを何とかしてほしいとの切実な声を受け止め、山口府議会議員と力を合わせ、時間をかけて交渉しました。その結果、外環と24号線の交差点の信号に右向き矢印が付きました。これは、公明党が行政と交渉して設置した実績であるわけでございます。(大拍手)

 皆さん、ご自宅に届いている選挙公報をぜひ見直して下さい。伏見区の市会候補は13名います。その中で「実績」を具体的に紹介している人は何人いるのか。現職がたくさんいるのに、3人しかいません。3人しか具体的な実績を選挙公報に掲載することができていない。そしてその3人は、公明党の候補者の3人なのであります。

 私吉田たかおは、醍醐地域の地元議員として、この場所で毎週月曜日に早朝のご挨拶として街頭演説をさせて頂いています。(みんな知ってる!との声あり) 

 地元の皆様の思いを受けて、日々走っています。キャッチフレーズも「吉田がダッシュで、よしだッシュ!」です。すぐに飛んできます。(走行中の車からクラクションの応援あり)ありがとうございます。(拍手)

 どうか、皆様、今申し上げた1つ1つを、ぜひ選挙で選ぶ時の大事なポイントにしていただきたいと思います。

【激戦の選挙、最後のお願い】

 私吉田たかおは、6千件ものたくさんの皆様の声を受け止めて真剣に取り組んでいます。まだまだ途中であります。今回の選挙、もう明日が投票日です。皆様のお力で、もう1度、私吉田たかおを市会に送って頂きたい。厳しい選挙ですが、ご恩返しをさせて頂けるチャンスを頂戴したいと思います。よろしくお願い申し上げます。(頑張って!との声多数)

 国政選挙の比例区の得票では、残念ながら公明党は、維新や立憲に及ばない状況であります。そうした中で、伏見区で3名の候補者が頑張っています。実績を語り、公約実現の決意を述べて戦っています。しかし、ムードやイメージや風に左右されるのではなく、お1人お1人の真心の対話で積み重ねた1票1票でしか勝つことができません。

 今、驚くべきことに、「公明党は大丈夫」という安泰説で切り崩されてしまっている状況です。「私1人くらい入れなくても」という人が増えれば、いっぺんに厳しくなってしまいます。しかし、負けるわけにはまいりません。(そうだ!との声あり)

 最後の最後、ぶっちぎりで逆転勝利を目指して頑張ってまいります。皆様のお力が頼りでございます。どうか、私吉田たかおを勝たせてください。よろしくお願いを申し上げます。

 本日は遅い時間まで大きなマイクで大変にお騒がせいたしました。最後までお聞きいただいた皆様、ありがとうございました。そして、お店の中でお聞きいただいた皆様、ご自宅の中から耳を傾けて下さった皆様、すべての皆様に心より感謝を申し上げます。

 以上を持ちまして、公明党京都市会議員候補、吉田たかおの街頭でのご挨拶を終わります。ありがとうございました。(大拍手)

(沿道を埋める方々から盛んな拍手や合いの手を頂き、大いに盛り上がりました。お陰様で4年前から約300票の上積みで大勝利を収めることができました)

 

吉田たかお演説集アーカイブ

最近の記事5件
平成30年(2018年)3月28日 パセオダイゴロー西館ホール
※公明党第2伏見支部は、2018年のスタートに当たって新たな人事登用がなされ、本格的な前進を開始しました。新出発の3月度支部会では、約200名の党員さんが駆け付け、公明党の重大な使命をあらためて確認し、決意を固め合いました。> 続きを読む
平成30年(2018年)2月23日 京都市会本会議場
※観光立国を目指す政府の方針を踏まえて民泊への規制が緩和され、住宅宿泊事業法(民泊新法)が成立。そのなかで京都市では違法民泊のトラブルが続出し、住民の不満や不安が表面化しています。私は常任委員会や予算委員会で公明党を代表して議論。両極端に分断するのではなく共生するビジョンが不可欠との視点で、実効力ある提言を積み重ねました。2月市会では異例の集中審査が開かれて民泊条例や予算案を質疑。本会議で会派を代表して賛成討論に立ちました。> 続きを読む
平成29年(2017年)10月9日 地下鉄石田駅前ほか
※10月22日投開票の衆議院議員選挙に向け、伏見区内各地で街頭市政報告会を開催。地下鉄醍醐駅、地下鉄石田駅、京阪桃山南口駅等という定時定点以外に、スーパー前や団地前など計16ヶ所で精力的に頑張りました。> 続きを読む
平成29年(2017年)5月31日 パセオダイゴロー西館ホール
※公明党第2伏見支部は、公明新聞拡大運動で京都府本部が47都道府県で全国1位に輝いた勢いのまま、勇気と歓喜の言論戦を展開。上半期のヤマ場である5月度支部会では、小雨の中を約200名の党員さんが駆け付け、公明党の重大な使命をあらためて確認し、決意を固め合いました。> 続きを読む
平成29年(2017年)3月24日 京都市会本会議場
※平成28年度、私は予算委員会と決算委員会の副委員長を務め、分科会の局別質疑で主査として議事の進行を担当。その総仕上げとして、2月市会で審議された平成29年度の京都市一般会計予算に対して、公明党京都市会議員団を代表して賛成討論を行いました。> 続きを読む